火曜日

ほぼ走りつづけた一日だった。研究は、論文関係を少しすすめるのがやっと。

ところで、近年の、全て忘れていっている、という自然な変化の向きに完全にさからっていることが部分的に脳内で発生している。何がおこるのだろうか、観察を続けよう。